2011年7月5日火曜日

読むだけで何かが変わります

こんにちは。

いや、こんばんは、かもしれませんし、おはよう、かもしれませんね。何しろ、私のほうからはあなたの事がよくわからないかもしれないので、少し的が外れているかもしれませんが、当たっているかもしれません。

どちらにしろ、あなたは、ここに来てくれましたね。

パソコンをつけて、しばらく待って、ブラウザをクリックしました。もしかしたらスマートフォンや携帯ですることもできます。そうして、ホームページが表示されるとURLか、お気に入りから選択してきてくれました。それか、どこかからリンクをたどってきてくれました。そう、それはもちろん、あなたが何かを必要としていたからなのかもしれません。そうですか?

もちろん、私にも抱えている問題があり、それはあなたにもあるかもしれませんが、私にはわかりません。むしろ、今は無理に解決しようと思わなくてもいいのかもしれませんし、実は、無意識の世界ではすでに解決しているのかもしれません。

そして、あなたは私の書いた字を目で追っています。目が疲れたなら、少しリラックスしてもいいですよ。そうです。少し、力を抜いてリラックスしてみてはいかがですか。ね?

そうです。別に、私に悩みを打ち明けてくれなくてもいいんです。でも、そうしたいなら、それでいいですし、そうならそうなります。いつの、どこでの悩みなのかは分かりませんが、あなたにも私にも昔がありました。そして、今を生きています。絶え間なく未来が通り過ぎて、やがて過去となる今を生きています。そうです、そうして今を生きていますが、よりよく生きたいですね。あなたなら、今、何ができるのか、私にはわかりませんが、あなたがそうしたいのならば、そうできます。はい、本当にそうできます。あなたは今起こっているひとつひとつから多く多くを学ぶことができるかもしれません。過ぎていく時間が実は未来なのかもしれません。そうだったら、良い未来を過ごしたいですね。そうではありませんか?

解決しようと思わなくても、乗り越えようと思わなくても、たとえ思っていなくても、それはすでに解決して、乗り越えられていたなら、あなたはその時どう感じますか。私だったら、嬉しいと思うかもしれませんし、あなたも嬉しくて楽しくなりますか?

あなたは、ちょっと疲れて、頭がぼうっとして、そして昼寝するときの心地よさを知っていますね?今も、ちょっとそうなのかもしれませんし、ちょっとそうとは思えないかもしれませんが、心地いいことはいいことです。いいことはしたほうがいいことなのかもしれませんね。

そう、今あなたがそう思ったのかもしれませんが、乗り越えたり解決したら、心地いいのです。心地いいということは解決しています、おそらく、あなたには。私が、なぜ待っていたのかわかりますか?あなたが来るのを。あなたがそうすることを私は知っていましたが、あなたは知らなくてもいいのかもしれません。

先ほど、少し、昔話したことをあなたはきっと聞きましたが、覚えていなくてもかまいません。むしろ、そのほうが、覚えていないところで覚えているかもしれないからです。だから、無理に安心しなくてもいいので、安心して下さい。

昔、あなたも小さいころがあったかもしれません。きっと、そういう写真が残っているかもしれませんので、また、あなたはそれを見つけることができます。ほんのひとつにしろ、あなたは、手に入れたいと思っていたプレゼントを、本当に手に入れたことがありましたね?あなたは忘れていないのかもしれませんし、忘れたことを忘れてしまったのかもしれません。どちらにしても、あなたは手に入れたことがあるのかもしれません、そして、今まさに手に入れていますか?

欲しいものが手に入ったときは、あなたの手には欲しいものがきっと乗っています。そうですよね?あなたは気づかないだけなのかもしれませんが、確かに手に入れたものがありますか。

そう、昔話をしましたが、通り過ぎる未来を生きて、過去が今になりますが、過去にあなたはすでに手に入れていたことを、無理に思い出す必要はありません。なぜなら、すでに手に入れています。明日の朝には、思い出してもいいでしょう。

何かが変わることも、変わらないことも、何も変わったことではありません。しかし、あなたがそうしたいのならば、あなたはそうできます。そうではありませんか?

でも、私と今、こうして話をしたことはすっかり忘れてしまうかもしれませんね?私は、少しもかまわないのですが。私と話をしたことはすっかり忘れてしまうかもしれませんが、忘れてしまったところで覚えてしまったかもしれませんが、気にしないで、私にはわかりますし、あなたもきっとわかるのかもしれませんね。無理して、わかることをしなくてもいいという事を、私はします。

あなたは、無意識にうなづいてくれた事を私は見ましたが、あなたは私ではありません。私とあなたは違うように、そして、戻りましょう。はい、あなたは、ここに来てくれました。あなたの意思でここに来てくれましたので、あなたの意思でここを離れてもいいですよ。

そして、一番最初に言ったことですが、きっとあなたが、私を愛してくれているように、私もそうです。

それをすることができます。つまり、この私との会話を何度でも読み返すことを。その度ごとに、あなたは私の声を聞き、私は何度でも話をします。そして、あなたは、何度でもそこへ戻りました。そして、戻ります。

4 件のコメント:

  1. ヒカルピカル2011年7月5日 23:29

    深いっすね。
    人生は全てif文による分岐で出来ているって昔のシステム系の
    先輩から聞いた事がありますが、あくあさんの語りは全ての分岐を試しているみたいに感じます。 クロックが高い証拠ですね(笑)

    返信削除
  2. うをー^^;

    コメント早ッ!

    さすが、ヒカルさんです。そのとおり。

    冗長なIF文が多いのと、TRY~CATCH構文で、例外処理ももらさず拾います。クロックは高いかもしれませんが、メモリーと記憶容量が劣化しているかもしれません。

    無理に信じてもらう必要はありませんが、必要があれば、そうすることもできますし、そうしますか?

    try(必要がある) {
     if(無理に信じる) {
      必要ない;
     } else {
      必要;
    } catch() {
     //『そうする』こと
     無理に信じる;
    }

    こんな感じ?

    あ、コンパイルエラーになりました。後は、任せますね^^

    返信削除
  3. こんにちわ!
    珍しく、数日更新されてませんが・・・
    気になってコメントしました。
    特になければよいですが・・・
    いよいよ、夏本番ですね~!
    季節柄、どうぞ、ご自愛くださいませ♪

    返信削除
  4. あんくさん、こんにちは!

    今、少し、充電してます・・・。

    少し、ペースが落ちるかもしれませんが、末永くお付き合いくださると嬉しいです^^

    返信削除